スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココスデビュー

夫とゆっくんと3人ではじめて外ごはんへ

家から歩いてすぐのココスへお出掛け

ココスは以前夫が1人暮らしをしていた家のそばにもあって、その時はあまりに行き過ぎて飽き気味だったけれど久々に行くと飲み物がおいしいし、とってもわくわくした

赤ちゃんが一緒の外食ははじめて

なんと赤ちゃん用の可愛いドラえもんのお皿とフォーク、エプロンがサーブされた

まだ2ヶ月のゆっくんには使えないけどちょっとうれしかった
F1000171.jpgF1000172.jpg
↑眠ってる…

わたしはドリア、夫はプレートランチを頼んで食べる
うん、このジャンクな感じがおいしいぞ!

まずいおっぱいが生産されたらごめんね…

食事のあいだ中、ベビーカーで大人しくしていたゆっくん
泣きも騒ぎもせず、眠ったり、じいっとあたりを見ている
なんていい子なのか
F1000173.jpgF1000174.jpg
↑起っきしてもいい子

ありがと、偉かったね、ゆっくん

久々の外食で、店内は涼しくって気持ちがいいし、ドリンクはたくさん飲めるし、もっといたかったのだけれど夫がもう学校にいく、というので帰宅

結婚指輪を外している夫に
(彼は指輪とか締め付ける系の装飾品が苦手な人物)

「あ~外してる~、これをみていつでもゆっくんとユリを思い出してほしいのに~」

と冗談でいうと

「なに言っとらん、こんなのせんくてもいつだってユリとちびちびのことを大切に思ってるぞ」

あ、ありがとう…
時々予想外の返事をするなあ

うれしい、というより一瞬ぽかんとしてしまった
あ、勿論うれしいですけどね
F1000162.jpg
↑帰ってもおっぱい飲んでご機嫌な時間は続く…
スポンサーサイト

【読書日記】波打ち際の蛍―島本理生

F1000117.jpg
タイトルと表紙の絵から、主人公の名前が蛍ちゃん、っていう女の子なのかと思ったら、「蛍くん」っていう男の人がでてくる話でした

感想はふうむ、まあ…

なんか、島本理生の書く主人公はいっつも些細なことで悩む感じの人が多い…
この人、根暗なのか?

女の子特有の陰口とか噂話とかが妙にくっきり傷跡を残す感じ

へんにリアルさがあるというか

女の子女の子してるのに女臭い本が多いです

好みとしてはもうちょっとサッパリ系がいいな~

でも図書館で借りて読む分には悪く無いです


最近小説はもっぱら図書館で借りるか、立ち読み(読むのはやいから)

買うと決めてる作者―江國さんとかはたまにしか本ださないからなあ

自分で買った本が中谷彰宏ばっかりっていうのもなんかな…
でも中谷さんの本、読むとテンションあがって大好きです

【読書日記】終末のフール―伊坂幸太郎

何だか短編ばっかり借りてきてしまったらしい
F1000116.jpg
短編だけれどちゃんと全部つながっているのが伊坂幸太郎らしい

「つながっている」
伊坂幸太郎を読むと絶対感じる
この人、話がほんとにうまいよなあと思う
↑なんか上から目線ですみません
続きがどんどん読みたくなる

面白い本を書く小説家がまだ生きてるひとだとうれしくなる

ああ、これからこのひとはまだまだ面白い本を書き続けてくれるんだな、ってね


小惑星が衝突して、3年後に地球が滅亡するっていうのがすべての話のベースになっているのだけれど、その設定がこないだ家で夫とみたDVDに似てるなあ、なんて思った

タイトルはたしか、地球が滅亡する日、だったっけ…
うろ覚え、キアヌが出てたのは確かなんだけど


1話目の中の「甲子園には魔物がすんでいる」って話のエピソードが可愛かった


これもあっという間に読了

次はグラスホッパーを読もうっと

音の鳴る人形で遊ぶ

F1000119.jpg
ころんと横になってカドルサムたちをみつめるゆっくん
F1000122.jpg
あ~なに?これ?興味津々なゆっくん
F1000131.jpg
なぎ倒して満足げ

何回かくりかえしたあと疲れて眠っちゃった

F1000136.jpgF1000138.jpg
母親がきて、おばあちゃん家でとれたいちごとほうれん草をくれた
わ~い、でも折角夕ごはんの支度が終わってのんびりそようと思っていたのにほうれん草を茹でて、いちごを洗わないといけなくなった…

ちなみに今日の晩御飯はコロッケですF1000137.jpg
家にじゃがいもしかなかったから
後は焼くだけ~ラクちんだ

夫は芋ばかりで肉がないことに文句をいうかもしれませんが、いちおう中に少し牛肉はいってますよ

【読書日記】 シルエット―島本理生

図書館で借りてきた4冊の本のうちの1冊を読み終えました
F1000115.jpg

短編集で3本収載されている
ボリュームはなくて1時間くらいであっという間に読める本です

う~ん、「ヨル」がいちばん良かった(マシだったともいう)かな

でも島本理生は「ナラタージュ」を読んで以来一応チェックする作家さんだけれど
「ナラタージュ」以外に当たりに出会っていない気がする

今までの本を振り返るとどうも学生の恋愛に偏りすぎてる気がする

もうちょっと範囲を広げてみてもいいのになあ


でも、図書館で借りてきた本だといまいちでもそこまで残念じゃないのがいいところ
プロフィール

scrumptious22

Author:scrumptious22
現在22年3月生まれの0歳児と夫と3人暮らし

赤ちゃんが1歳になったら職場復帰予定
大学卒業以来、久々ののんびりお家生活

子供と一緒に自分も成長していければいいなあ、と思っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。